支える力

ダルマ写真先日、アルビレックス新潟後援会からクラブに向けて、2013年度の財政支援金の金額が発表されましたが、その中には、ホームゲーム開催時に、後援会テントに設置されている募金箱や、試合終了後のEゲート前広場での募金活動で集まった募金も含まれています。
後援会テントには、試合開始前に今日の試合の必勝祈願を込めて募金されるサポーターの方や、試合終了後では、毎試合スタジアムから帰る際に、わざわざ後援会テントに寄って頂き、募金させるサポーターの方や、勝敗に関係なく試合内容の感想と一緒に募金されるサポーターの方がいます。
試合終了後のEゲート前広場で、サポーターの方から後援会に寄贈して頂いたダルマ募金箱を持って募金活動をさせて頂いた際は、サポーターの方から「お疲れ様です」、「頑張って下さい」、「少ないけどごめんね」等、沢山の言葉と共に募金をして頂きました。また、私と一緒に募金を呼びかけて下さるサポーターの方もいらっしゃいました。募金を呼びかけると、早く帰りたいのにも関わらず、小さな子供達からご年配の方まで、本当に多くの方から募金をして頂いていますので、最初は軽かったダルマ募金箱も、最後の方は重たくて、持つのも大変なぐらいになります。この重さを感じる度に「本当に多くのサポーターに愛されているクラブだなぁ」と実感出来て、私は、サポーターの方の気持ちを後援会を通じて、クラブ側に伝える側に立てているので、とても幸せは気持ちになりました。
今シーズンも同じ光景がホームゲーム開催時に見られています。リーグ戦中断開けも皆さんのアルビレックス新潟を支えようと言う気持ちを後援会テントでお待ちしております。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中