ボランティア活動の楽しみ(2)

試合開始4時間前に集合して、試合終了約1時間後に解散。
これがボランティア活動の1日の行動です。約7時間の活動です。
試合が見られないのに、何が楽しみでボランティア活動に参加しているの?
私がボランティア活動を始めた頃、良く言われました。
私は、2001年4月からアルビレックス新潟のボランティア活動に参加していますが、これまで継続できた理由の1つは、お客様との触れ合いです。
『こんにちは!』ってあいさつすると、『こんにちは!』、あるいは『ご苦労様!』ってお客様から返ってきた時の爽快感。
困っているお客様からのお問い合わせにお応えした時、『ありがとう』と感謝を伝えられた時の充実感。
これらが無かったら、とっくに辞めていたでしょうね。
最近は、ゲートで配布物を担当する時には、とにかくお客様に元気を感じてもらいたいと思って大きな声であいさつしています。
スタジアムに来て、元気な親父の姿を見たら、何だかパワーもらったな。
元気になったような気がするな。なんて言われたら最高なんです。
IMG_7807
お客様が笑顔で『今日も頑張って応援するよ』って話しかけてくれた時なんか、アルビでつながっているって感じるんです。
お客様との会話は、私がボランティア活動を継続するために必要不可欠な原動力です。

以上 N.K

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中