CUPSとは?

本日はナビスコカップ予選リーグ最終戦!予選突破の可能性がまだ残っています。
クラブ初の決勝トーナメント進出へ‘全力で闘う選手’へ新潟から熱いエールをお願いします。
 
さて、ホームゲームではボランティアスタッフと同様にクラブのアマチュア組織である
JAPANサッカーカレッジの学生も毎試合、運営補助に入っていただいております。
 
本日はJAPANサッカーカレッジ(以下CUPS)の試合日の活動についてお知らせします。
 
CUPSにはサッカー専攻科という学科の他に、サッカービジネス科という裏方としてチームや選手を支えるための知識や経験を学ぶ学科があります。
そのサッカービジネス科の学生が、ボランティアさんと一緒に協力しながら、毎試合ホームゲームの運営に携わっています。
 
ホームゲームを観戦された方は、何やら青いジャージを着た若い学生がスタジアム内外にいっぱいいるなと感じたことはありませんか?
そうです!その青ジャージこそがCUPSの学生です。
 
CUPSでは、このホームゲームを将来のための実習と位置付けており、固定メンバーと言われる毎試合ホームゲームに来る学生11名を中心に、毎試合ローテーションで実習に来る20人弱の学生、合わせて約30人が運営に携わっています。
 
活動の場はそれぞれで、この30人が当日は固定メンバーを中心にいろいろな部署に分かれて活動しています。ボランティアさんと協力しながら活動する、「運営本部」、「総合案内所」、「公式記録」、「グッズ販売」の他に、専門のプロスタッフと活動している「演出」、学生だけで活動している「プレス受付」、「マッチコミッショナー案内」、そして「フットボールパーク」と多岐にわたります。
 
次回は、CUPSの活動をもう少し詳細にお伝えします。お楽しみに!
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中