アルビレックス新潟ボランティア納会

2009年も終わろうとしています。やっとでブログの更新作業に辿り着くことができました。
今回は、12月上旬に開催されたアルビレックス新潟ボランティア納会の様子を報告します。
毎年シーズン終了後、クラブ主催でボランティア納会が開催されます。
クラブスタッフとボランティア総勢100名余がが一同に介して、一年間を振り返ります。
 
ボランティア代表や、アルビレックス新潟社長の挨拶の後、懇親会が始まります。
納会の間には、クラブスタッフが作成した1年間の活動を振り返る映像が流されました。
 
その後、楽しみの一つの選手の登場。ボランティアが楽しみにしている企画の一つです。
今年は、中野選手・内田選手・川又選手・田中選手・大野選手の5名が参加してくれました。
それぞれのテーブルを回って、写真撮影やサイン、歓談に快く応じてくれました。
 
そしてもう一つの楽しみは、大抽選大会。
受付の際に、番号がついたくじが渡され、クラブスタッフがビンゴマシーンを使って番号を読み上げて、景品を受け取っていきます。
当たりのグッズとしては、選手が使用したジャージや、スパイク、ボールなどがあります。
ちなみに、筆者は大島選手のサイン入りスパイクがあたりました。
しかも、履いてみるとサイズがぴったり。サッカーするときに履けば、シュートがどんどん決まるのではと期待しています。
 
こうして、約2時間の納会が終了しました。
ボランティア活動は苦労も多いのですが、この納会のおかげで苦労も吹き飛びます。
しばらくオフになりますが、2月のボランティア説明会や事前準備からまた新しいシーズンが始まります。
また来年クラブスタッフやボランティアと楽しく活動できることが楽しみです。
 
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中