アルビレックスホームゲーム運営本部について

今回はアルビレックスホームゲームの運営本部の様子を紹介したいと思います
運営本部はメインスタンド中央部分下の会議室に設けられます。
バックスタンドで観戦されている方は、様子が見えるかもしれません。
運営本部では、スタジアム内外から様々な情報が集まり、ホームゲームの円滑な運営するために様々なやりとりが行なわれます。
 
運営本部は、ボランティアスタッフの打ち合わせ場所、作業場所、休憩場所としての役割もあります。
一つ目の写真は、ボランティアスタッフがボールパーソン担当の学生さんに業務内容や配置を説明しているところです。
競技部門は非常に神経を使う部署で、毎回担当が替わる学生さんへの説明業務はピッチでの円滑なゲームの進行のために非常に重要なものです。
 
二つ目の写真は、ボランティアスタッフの休憩の様子です。
ゲームの最中はお客様の動きが少ないこともあり、運営本部で休憩をとるボランティアスタッフが多くなります。
砂かぶり席ほど近くはありませんが、ピッチレベルで試合の様子を見ることができます。
 
三つ目の写真は、ボランティアスタッフ有志が作成しているボランティア通信です。
ボランティア活動をしていると、自分の部署のことしかわからず、全体がどうなっているかがわからないため、前の試合の様子を伝えるために、運営本部
の掲示板に掲示し、休憩時間に見られるようにしています。また、活動記録としての役割を果たしています。
 
四つ目の写真は、仕分けされたチケットの半券です。
試合中、ボランティアスタッフがチケットの種類毎に半券の仕分けを行い、クラブスタッフがチケットの半券で様々な分析を行なっているようです。
チケット半券の種類・数とも本当にたくさんあり大変です。
 
ホームゲーム運営の裏側の一部を紹介させてもらいました。
 
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中