ハードルは高いか低いか…もしかしたらないのかも…

ボランティアを始めたのは今年から…という初心者です。
 
 
以前からボランティア活動に関心があったのですが
登録し、お手伝いさせて頂くに当たり、自分が勝手に設定いた高いハードルがあって躊躇していました。
『拘束時間』の長さです。
 
多くの方がそうであるように
自分の時間を100%自分の為につかえる事は難しいですよね(汗
 
私も家庭やら仕事やらがあって
登録しても出来ないんじゃないかと勝手に考えてました。
 
実際、基本的なお手伝い時間は
試合前の4時間と試合後の1時間半(配属部署によって変わるみたいですが)の7時間半。
毎試合
全部となると結構長いですよね。
ハードル高いですよね。
 
 
 
今年に入り
ボランティアを実際やっていらっしゃる方とお話しする機会があり
ハードルの高さが躊躇の原因…と、お話ししました…
したら
ハードルの高さは自分で調節可能なんですよ~!!!
 
お手伝いは毎試合じゃなくって良いし、
時間も用事があれば遅刻や早退も(常識の範囲内であれば)OK!
 
私自身、帰りはある程度片付いたら、終礼(?)する前に帰宅しちゃってます。
いい感じに道が空いている頃で、苛々しないで家に着けます(笑)
 
高いと勝手に思い込んでいたハードルは
以外と低いのかもしれない…
もしかしたら、無いのかもしれません。
 
ちょこっとでも、ボランティア活動に興味、関心がある方は
覗いてみはいかがでしょうか!!??
 
 
(BY 裕)
 
広告
カテゴリー: ビギナーズ・ボイス パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中