ナビスコ杯 横浜Fマリノス戦

久々の更新となりました。
これからもマイペースになりますが、情報を提供していきたいと思います。
 
今日はベガルタ仙台ボランティアクラブの皆さん60名余が、新潟へ活動見学のためにいらっしゃいました。
ベガルタ仙台ボランティアの今シーズンの登録者は約260名、1試合あたりの参加者は約130名と、新潟の
倍くらいの規模です。
筆者は仙台のボランティアの皆さんとは、2001年から交流していますが、組織やマニュアルが整っており、
ボランティアの皆さんのスキルが高いことを十分にわかっていたので、今回の話を聞いたとき、「何か参考
にしてもらうことがあるのだろうか...」と心配になりました。
そうは言っても、ありのままを見てもらうしかないと開き直り、当日仙台の皆さんを案内しました。
 
一行は正午にビッグスワンに到着。
ピッチレベルで記念撮影の後、スタジアム内の会議室に移動して、アルビレックス新潟取締役運営部長の
小山さんから、新潟のボランティアの歴史や特徴などを話して頂きました。
質疑応答の時間には、皆さん熱心に小山部長に質問をしていました。
 
その後、ボランティア体験希望者と自由見学希望者とに分かれて、ボランティア体験希望の方には、メイン・
バックのチケットチェック業務と、スタジアム外の総合案内所業務に付いて頂きました。
自由見学希望者の皆様も、コンコースを隈なく周り、様子を見学していました。
 
このブログを書いている時点では、まだ感想等を聞いていないので、皆さんがどのような感想をもたれたか
非常に気になっています。
今度更新する際には、他クラブのボランティアさんからみた新潟の様子を報告できたらと思います。
 
ベガルタ仙台ボランティアの紹介(活動理念の明確化など、参考になる点が多いです)
 
以上MY
 
 
広告
カテゴリー: 2008シーズン活動記録 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中