山形・仙台・新潟合同いも煮会

 9月24日に、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷で山形・仙台・新潟運営ボランティア合同いも煮会に開催されました。
新潟ボランティア3名が参加しました。
このイベントは今年で3回目で、東北3県のJリーグチーム運営ボランティアの交流イベントとして定着しています。
山形・宮城では春の花見と並び盛んに行なわれているいも煮会に毎年呼んでもらっています。
 
ちなみに、筆者はもう一人の新潟ボランティアと一緒に前日の23日から山形入りし、NDスタでボランティア体験を
しました。
NDスタに来たのは3年ぶりだったのですが、スタジアムの背後に広がる山並みを見ると、ホッとした気持になるので、
大好きな場所です。いつもと違うスタジアムでボランティアをするのは、新鮮な気分になって楽しいものです。
 
夜は、山形の2大繁華街(だと思う)の香澄町と七日町で食事をしました。宿泊したホテルが駅前だったので、駅前の
香澄町の飲食店で食事をしようと思ったのですが、行くところことごとく満席。
そこで七日町まで歩いていき、雰囲気のいい居酒屋で食事をしました。そして混雑がひと段落した香澄町に戻り、もう1件
の居酒屋で軽くお酒を飲みました。
私、3年連続のいも煮会参加なのですが、前泊したのは初めてで、前日に山形を満喫しました。
新潟から車で3時間ちょっとで着く山形ですが、前泊したのは正解でした。
 
翌日24日朝、車で5分程度の河川敷へ到着。もう一人の新潟ボランティアとも合流できました。
前日のうちに、山形ボランティアの皆さんが、日差しを凌げる橋の下の絶好のポジションをキープしてくれていました。
日差しに当たるととても疲れる歳になってきたので、感謝です。
 
山形の皆さんは河原にある石を積み上げ、鍋を置く台を作ります。見事なものです。
 
新潟チームは玉こんにゃくの担当。昨年と同じ担当ですが、昨年は作り方を間違えただけに、今年はレシピを見ながら
気合を入れて作りました。とはいっても、お湯を沸かして玉こんと醤油を入れるだけなのですが...。
 
そして、仙台風の味噌味&豚肉なべ、山形風の醤油&牛肉なべを堪能しました。
さらに、山形の皆さんからはラ・フランス、仙台の皆さんからはその場でゆでた枝豆を使ってゆでたずんだ餅を頂きました。
最後は、山形の醤油なべスープのうどん、仙台の味噌なべスープのラーメンで締めました。
毎年のことなのですが、その日の晩御飯を食べる必要がないくらいにたくさん食べました。
 
本当に楽しい2日間でした。また来年も参加したいと思います。
いも煮会に参加したい人はぜひアルビレックスの運営ボランティア登録を。
 
○アルビレックス新潟運営ボランティア募集中。詳細は下記をクリック!
 http://www.albirex.co.jp/volunteer/
以上MY
 
 
 
 
広告
カテゴリー: 告知・その他 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中