L1第10節大原学園戦

五十公野や白根・長岡などで開催される試合の際は、クラブのご厚意で送迎のバスが運行されています。普段は、ドライブがてらマイカーで会場に向かうのですが、今回の会場は糸魚川。ちと遠い・・・。
ということで、潜入取材!!とばかりにバスに乗り込んでみました。

今回の乗車は、いつも協力して試合運営に当たっているJAPANサッカーカレッジ(CUPS)の学生さん達と、新潟市とその周辺から参加のボランティアさん達、合計20名ちょっとでした。
前日まで懸念された台風の心配もなくなりお天気の心配もなさそう。
バスに乗り込んだ我々は、早速共通の話題『サッカー』の話で大いに盛り上がります。
-今日は勝って勝ち点を増やしたい-
であるとか
-矢野貴章選手はベトナム戦に出場できるか-
などなど話題は尽きません。
途中休憩のS.Aではいつの間にかソフトクリームを手にしている者まで!!

まさに遠足気分です(笑)

ところが、行きはヨイヨイ・・・とはよく言ったもので帰りに大きな困難が待ち受けているとは誰にも想像が付きませんでした。

さて、無事に会場に到着し、先発の社員さん等とミーティング開始。
そして、地震発生です。
子供の頃に体験した『地震体験車』並みの揺れと感じました。

幸い選手や大会関係者(審判団やマッチコミッショナー)が無事会場入りできたこともあり、試合は予定通り開催されることに。
この頃には、大会本部に置かれたラジオや観戦に訪れたサポーターさんからの情報が続々と入り始め、ただ事じゃない規模の地震であることが認識されるようになって来ました。
私自身は、早くに家族に連絡がとれ、自宅は無事であることを知らされていましたが、ボランティアさんの中にも家族に連絡が取れないと心配する人も出始めました。

さて、この試合の結果からお話すれば、2-1で我がアルビ・レディースは今季初勝利を飾ることができました。
90分通して試合を観ていた訳ではないのですが、やはり今回の勝因は選手の気持ちの集中の部分も大きかったのではないかと思いました。

お帰りの際に一人のお客様が私に声を掛けて行かれました。

-一昨年、ここ(糸魚川美山陸)で開催したときに初めて観たけど、去年は来てもらえなくてとても残念だった。相変わらず、アルビのゴール裏は盛り上がってるね!!こんなこと(地震)があって、大変だったろうけど、できたらまた来年も来て欲しい-

今回の予期せぬ事態に選手もそしてサポーターも心の中では動揺を隠し切れなかったことと思います。しかし90分間それを払拭し、高い集中を見せ続けた彼女ら(彼ら)に対して、同じだけの集中をもって試合運営の手助けをすることがことができたか?私の心の中で悔いが残る試合になりました。

ところで、今回の試合では実際に被災されたり、道路事情等によりご来場を断念した方も多くいらしたかと思います。
次回もホーム(新潟市陸)での試合になりますので、ご都合の付く方には是非ともご来場頂いてご声援を頂きたいと思います。
会場では、義援金の呼びかけをさせて頂く予定となっているようです。
また、ご来場頂けなかった大原戦のチケットをお持ちの方は次節以降のホームゲーム(カップ戦含む)のチケットに振り替えるという告知もクラブより出ているようです。

http://www.albirex.co.jp/news/2007/07/0719_01.html

なお、よくお問い合わせを受けるのですが、
チケット引き換えを行う『総合案内所』は市陸ですと、管理棟正面玄関に向かって左側のオレンジ色の屋根のテントとなります。
お間違えのないよう宜しくお願い致します。

最後に、道路が寸断され帰路を断たれたバス一行(苦笑)
長野廻りを余儀なくされ、往路2時間で来た所を帰りはナント7時間!!
途中で巻き込まれた渋滞を抜けた際には拍手まで巻き起こり・・・。
選手の皆さんも同じルートで帰られたようです。
(yukki)

広告
カテゴリー: 2007年レディース活動記録 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中